別スレッドからフォームにアクセスする

別スレッドからフォームのコントロールにアクセスしようとすると、例外が発生するので、以下のような方法で記述する。

ラムダ式をMethodInvokerデリゲートにキャストして、FormのInvokeメソッドから呼び出せばよい。

ちなみに、Androidの場合は、Handlerを使う。

参考

Form.Invoke
MethodInvoker デリゲート

テーブルを行ごとに色分けする

TwentyTwelveのテーブルがシンプル過ぎて見づらかったので、CSSをちょっといじってみた。

CSS3には、E:nth-child(n)という便利な擬似クラスがあり、E:nth-child(odd)で奇数行、E:nth-child(even)で偶数行のスタイルを定義できる。

これを使って、テーブルを行ごとに色分けしてみた。行ごとに色分けするにはtrタグに対してnth-childを適用する。列ごとならtdに適用すればよい。

テーブルを書いてみると、こんな感じで表示される。

りんご ばなな
英語名 Apple Banana
赤い 黄色い
丸い 長い
硬さ ちょっと固い 柔らかい
すっぱい 甘い

Soomlaで非消費型アイテムを購入するサンプル

Soomlaで、非消費型仮想アイテムを購入するUnityアプリを作って、課金をテストしてみる。

バナナを買う!

このアプリでは、仮想のバナナをGoogle Play Storeから購入する。
(バナナはどちらかというと消費型アイテムな気がするが…)

続きを読む

Soomlaのサンプルプログラム

Soomlaをインストールすると、Assetsの下に、シーンと複数のディレクトリが配置される。トップに配置されるsceneというファイルがサンプルシーンで、Examplesディレクトリ内にサンプルプログラムが入っている。実際にSoomlaでアプリを作成する場合は、sceneとExamplesは不要なので、削除すればよい。

Sooomlaファイル構成

続きを読む

UnityとSoomlaで手軽にアプリ内課金: Android編

Unityでアプリ内課金を実装するには、Android側でIn-app Billing APIを使って、Unity用プラグインを作ればよいが、一から実装するのは、なかなか大変なので、Soomlaというフレームワークを試してみた。

Soomla

SOOMLA – The Open Source Gaming Software Framework

Soomlaとは、課金や、SNS連携などの面倒な処理を簡単にするための、オープンソースのクロスプラットフォームゲーム用フレームワーク。今回は、Soomlaを使ってAndroidの課金処理を試してみた。

続きを読む