モデリング

ルートブロックを編集するには、タッチ機能を使います。

Modeling 1

画面左上のボタンを押すと、タッチ機能を選択できます。タッチ機能は以下の通りです。

Look At (見る) タッチしたブロックに視点を合わせます。
Paint (ペイント) ブロックに色を付けます。
Flood Color (塗りつぶし) タッチしたブロックと、その同サイズの隣接ブロックを再帰的に塗りつぶします。
Pick Color (ピック) ブロックの色を抽出します。
Divide (分割) 1個のブロックを8個に分割します。
Trim (削る) ブロックを消去します。
Extrude (拡張) ブロックを拡張します。
Expand (拡大) ブロックを拡大します。

基本的なモデリング手順

モデリング手順はとても簡単です。分割して、削って、色を塗るだけです。

Step 1. 分割

分割を選択して、ブロックをタッチしてください。タッチしたブロックは8個に分割されます。

Modeling 2

分割数の限界は7段階です。デバイスのメモリが十分にあれば、最大で2,097,152(128x128x128)個のブロックを表示させることができますが、10万ブロック程度が操作できる限界かもしれません。

Step 2. 削る

トリム機能を選択してブロックをタッチすると、1個のブロックが消去されます。

Modeling 3

Step 3. ペイント

COLORボタンを押すと、色選択ダイアログが表示され、色を選択できます。
COLORボタンを長押しすると、背景色を変更できます。

Modeling 4

現在選択中の色には、右上に小さな四角形が表示されます。
各色の使用数は左下に表示されます。

パレットを長押しすると、新しい色を作れます。

Modeling 5

色を選択した後、ブロックをタッチすると、ブロックに色を付けることができます。

これらのステップを繰り返すことによって、いろいろなモデルを作ることができます。

拡張編集機能

編集メニューから、拡張編集機能を使うことができます。編集機能一覧は以下の通りです。
フリー版では、これらの機能は一部ロックされています。

機能 内容 フリー版
Copy Blocks (コピー) モデル全体をコピーします。
Paste Blocks (ペースト) コピーしたモデルをペーストします。
Rotate (回転) モデル全体を90度回転させます。 使用可
Scale Up (拡大) モデル全体を拡大します。最外周のブロック群は消去されます。
Scale Down (縮小) モデル全体を縮小します。最小のブロック群は消去されます。
Flip (反転) モデル全体を反転させます。
Mirror Copy (ミラーコピー) モデルを、前後、左右、上下対象にコピーします。
コピー先のブロック群は消去されます。
使用可
Partical Erace (部分的消去) モデルの一部を大きく消去します。 使用可
Subdivide (細分化) モデルの全体を細分化します。 低解像度
Optimize (最適化) モデルのブロック数を最適化します。 使用可

シフト機能

シフト機能を使ってモデルを移動させることができます。
シフト機能を使うには、メニューからシフト機能を呼び出してください。
(Menu -> Shift)

有料版では、シフトコントローラーを使用することができます。
(Menu -> View -> Controller)

Shift

有料版では、移動量と自動最適化機能を設定できます。
(Menu -> System -> Preferences)

Undo

UNDOボタンを押すと、モデルを元の状態に戻すことができます。Undoの上限は10回です。画面が切り替わると、Undo履歴はリセットされます。