SHIELD Tablet

予約してたNVIDIA SHIELD Tabletが届いた。Tegra K1を搭載したゲーム用の高性能Androidタブレットで、重い3Dゲームをプレイしたり、PCゲームのリモートプレイ、付属のスタイラスでお絵かきなどができる。

箱がでかい。
Shield Tablet

箱を開けると、タブレット、カバー、コントローラーの箱が現れた。
Shield Tablet
無駄に豪華な箱。箱にこだわらなくてもいいので、もっと安くして欲しかったw

開けてみた。
Shield Tablet
タブレット本体の大きさは、Nexus7よりも一回り大きい程度。持つと結構ずっしり重い。コントローラーはXBOX360のコントローラーと同じぐらいの大きさかな。USBケーブルは指す方向間違えないように工夫されていて親切。

システムをアップデートしてから、画面をキャプチャするためにPCに接続してみた。ドライバは以下のリンクから入手できる。

NVIDIA SHIELD: The Ultimate Portable Gaming Family

開発者モードで接続し、Eclipse ADTでShield Tabletを認識できた。SHIELD TabletのOSはAndroid4.4.2だった。

Shield Tablet
これでキャプチャの準備完了。

まず、お絵かきアプリを試してみた。
Dabbler

付属のスタイラスを使ってお絵かき。なかなか楽しい。
Dabbler
筆圧は感知してないようだが、ペンを傾けて線の太さを変えられる。慣れたら、いろいろなタッチで書けそう。

絵心の無さを再確認し満足したので、次はゲームをやってみた。

Trine2が最初からインストールされているようだ。
Trine2

綺麗なFull HD画面がヌルヌル動いて感動したけど、画面サイズが小さいので見づらいw
Trine2
Trine1は面白かったので、Trine2も期待できるけど、ちゃんとプレイするならもっと大きな画面でマウスを使ってやりたい。Shield Tabletの意味無いw

自作アプリも試してみた。FumotrimはShield Tabletでもちゃんと動きます!
Fumotrim

他にもいろいろ独自の機能があって楽しいAndroidタブレットだ。次はPCゲームをリモートプレイしてみたい。